平成29年10月施行 育児・介護休業法改正について|東京都葛飾区の会社設立・許認可申請・労務の事なら岩元事務所にご相談ください

岩元事務所

  • ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ

    0336085421

    [受付時間]8:00~20:00

  • 無料メール相談

トピックス

平成29年10月施行 育児・介護休業法改正について

ブログ 

 

厚生労働省より「平成2910月1日から改正育児・介護休業法がスタート」のリーフレットが公表されました。

 

★ 改正内容 

    最長2歳まで育児休業の延長が可能

子が1歳6ヶ月を経過後も保育園等に入れない場合には会社に申し出ることにより、育児休業期間を最長2歳まで延長することが可能となり、育児休業給付金の給付も2歳まで受けられるようになります。

 

    子どもが生まれる予定の方などへ育児休業等の制度のお知らせ

事業主に対しては、働く方やその配偶者が妊娠・出産したこと等を知った場合、その方に個別に育児休業等に関する制度を知らせる努力義務が創設されます。

 

    育児目的休暇の導入を促進

未就学児を育てながら働く労働者が子育てしやすいよう、育児に関する目的で利用できる休暇制度を設ける努力義務が創設されます。

 

 ★ 今後の見通し

改正により、育児休業が最長2年となると産前休業と合せておおよそ2年1ヵ月半の休暇を取得する方も出てきます。

会社としては従業員が円滑に職場復帰できるよう職場復帰支援プランや休業中の代替要員の確保等、これまで以上に対策を立てることが必要となってきます。その際は社会保険労務士やキャリアコンサルタント等の専門分野に相談されるのも一つの方法ではないでしょうか。

 

ページトップへ戻る