事業復活支援金の給付について|東京都葛飾区の会社設立・許認可申請・労務の事なら岩元事務所にご相談ください

岩元事務所

  • ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ

    0336085421

    [受付時間]9:00~19:00

  • 無料メール相談

トピックス

事業復活支援金の給付について

お知らせ 

事業復活支援金の概要

■給付対象者
下記の①と②をいずれも満たす中堅・中小法人・個人事業主等

新型コロナウイルス感染症の拡大や長期化に伴う需要の減少又は供給の制約により大きな影響を受けていること
②①の影響を受け、自らの事業判断によらずに対象月の売上が基準期間の同月と比べて50%以上又は30%以上50%未満減少していること

2021年11月~2022年3月のいずれかの月の売上高が、
2018年11月~2021年3月までの間の任意の同じ月の売上高と比較して50%以上または30%~50%減少した事業主
(中堅・中小・小規模事業者、フリーランスを含む個人事業主)

■給付額(上限額)

売上高減少率 個人 法人
年間売上高
1億円以上
年間売上高
1億円超~5億円
年間売上高
5億円超
▲50%以上 50万円 100万円 150万円 250万円
▲30%~50% 30万円 60万円 90万円 150万円

 

■算出式
給付額は、上限額を超えない範囲で、「基準期間の売上高」と「対象月の売上高」に5を掛けた額との差額

給付額 = ※1(基準期間の売上高) ― ※2(対象月の売上高) × 5

※1・・・2018年11月~2019年3月。2019年11月~2020年3月、2020年11月~2021年3月の
いずれかの期間のうち、売上高の比較に用いた月を含む期間
※2・・・2021年11月~2022年3月のいずれかの月

■計算例

2019年11月 2019年12月 2020年1月 2020年2月 2020年3月 合計
売上高 100万円 100万円 100万円 100万円 100万円 500万円
2021年11月 2021年12月 2022年1月 2022年2月 2022年3月
売上高 60万円 60万円 60万円 60万円 50万円

2022年3月の売上が2020年3月の売上と比較して50%減少しているので対象となります。
2019年11月から2020年3月までの売上高合計の500万から、
2022年3月の売上高に5を掛けた金額の250万円を引くと250万円になります。
500万円 ―(50万円×5)=250万円
上限額以上なので、それぞれの上限額が給付額となります。

支援金シミュレーション(公式サイト)

■申請書類
・確定申告書の写し
・売上台帳の写し
・本人確認書類の写し
・通帳の写し
・その他必要と認める書類

■申請方法
電子申請

■開始時期
未定
事業復活支援金サイト

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る