年金の年金受給資格期間が10年に短縮|東京都葛飾区の会社設立・許認可申請・労務の事なら岩元事務所にご相談ください

岩元事務所

  • ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ

    0336085421

    [受付時間]8:00~20:00

  • 無料メール相談

トピックス

年金の年金受給資格期間が10年に短縮

ブログ 

政府は26日の臨時閣議で、年金の受給資格を得るのに必要な保険料納付期間を25年から10年に短縮する関連法案を決定しました。
同日開会の臨時国会に提出、成立すれば、来年10月から支給を始める。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000042-jij-pol

これまでは、25年以上国民年金保険料を払っていないと支給額は0円でした。これが10年以上に短縮されるようになります。
ただし、10年払っていただけではもらえる国民年金は満額の4分の1の金額ですのでお間違いなく。

国民年金の加入期間は20歳から60歳までで、40年間、国民年金保険料を支払えば国民年金の老齢基礎年金を満額もらうことができるようになります。
40年未満の場合は、保険料納付済月数に応じて減額されます。

ちなみに平成28年4月分からの年金の満額は、780,100円です。

国民年金(老齢基礎年金)の支給要件
・保険料納付済期間と保険料免除期間の合計が25年以上であること。

 

ページトップへ戻る