過重労働撲滅特別対策班について|東京都葛飾区の会社設立・許認可申請・労務の事なら岩元事務所にご相談ください

岩元事務所

  • ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ

    0336085421

    [受付時間]8:00~20:00

  • 無料メール相談

トピックス

過重労働撲滅特別対策班について

ブログ 

 

 東京労働局・過重労働撲滅特別対策班 通称「かとく」とは?

 201541日、過重労働による健康被害の防止などを強化するため、違法な長時間労働を行う事業所に対して監督指導を行う過重労働撲滅特別対策班、通称「かとく」が新設されました。

 

国が長時間労働を問題視し、強弁な姿勢で企業や事業所に立ち入り調査などをすることで過重労働を抑制しようという意図が見えます。

 2015736協定(時間外労働の限度を定めた協定書)で定められた上限を超えた残業をさせていたとして、某大企業責任者らが書類送検されました。

企業側は法定通りで計算した割増賃金を支払っていたようですが、この事案ではそれでも「労働時間が長すぎること」をもって書類送検に行ったという、強気な姿勢がうかがえます。  

 

小売・外食・サービス業界などは、近年は人手不足により、長時間労働になりやすいと指摘されていますが、これらの業界に対して、行政の取締はますます強化されていくことが予想されます。

 

残業が多すぎると健康被害を誘発するばかりか、労働者との間でもトラブルの種を育てることになります。企業側は労働時間などの労働環境整備に気をつけなければなりません。

ページトップへ戻る